お見合い再申し込みを30人にしたが1件も成立しなかった話

1度お見合いを断られた方に、2回目の申し込みするのは少し気がひけますが、私自身今まで約30人の人に再申し込みしました。

結論からお伝えすると、再申し込みでお見合いが成立した経験はありません。

しかし女性側から再申し込みを受けて、それをお受けした(お見合いを成立させた)事はあります。

この記事では具体的にどんな人にどんな風に再申し込みして成立しなかったのか、私自身はなぜ再申し込みを受けたのかをお伝えします。

再申し込みした理由

システムはIBJですが、再申し込みができるシステムになっているという事は、それが成婚につながる可能性があるからこそだと思います。

私の担当のアドバイザーからも、次のように言われたことがあります。

実際にお見合い申し込みしたタイミングが、その方が他の方と真剣交際に入るタイミングだと受けにくいですが、その後もし交際終了した時は受けてもらえる可能性が高まります。

また、交際人数が多いタイミングだとどうしても新たにお見合いは組みにくいので、再申し込みが成立しないわけではありません。

実際地方で活動していると、どうしても人数が多くないので再申し込みの機会は出てくると思います。

再申し込みまでの期間とタイミング

あまり短いスパンで申し込んでも怖がられるだけのため、最低前回の申し込みから最低3ヶ月は期間を空けて申し込んでいます。間隔は半年~1年など人によって様々です。

再々申し込み(3回目の申し込み)は無駄と考えて行っていません。

タイミングとしては、自分のプロフィール写真を変えた時に行うケースが多いです。お相手からも以前と同じ人とわかりにくいので、プロフィールを見てもらえる可能性が高まります。

再申し込みをした人

基本的に、前回申し込んでからその10日後に断られている人に再申し込みしています。

つまり自分でお断りボタンを押した人ではなく、システムで10日後に流れた形になった人です。

申し込んでから即日、2,3日後に断っている人は、その明確な理由があると推測されますので再申し込みはしてません。

私が再申し込みを受けた理由

9ヶ月前にお見合い申し込みしてくれた方でしたが、女性で再申し込みする人は少なく、私自身その方で再申し込みされたのは2人目でした。

お受けした理由は次の3つです。

真剣交際から戻ってきたタイミングだった

私自身毎日IBJにログインして特定の範囲の年齢の人を検索していますが、その方は比較的早いタイミングでハートマークがついた(真剣交際に入った)んですね。

しばらくその方の写真を見なかったので、てっきり成婚退会されたのかと思っていましたが、その方が真剣交際終了から戻ってきたタイミングで私にお見合い再申し込みを頂いていました。

婚活している人の中には、長年やっていても1度も真剣交際に入ったことが無い方も多いです。真剣交際に入った経験があるという事は、また真剣交際に入れる可能性が高い(成婚の可能性が高い)人だと感じ、お受けしてます。

平坦な人生ではない感じを受けた

詳しくは書けませんが、プロフィールから私がしていない体験をされており、1度お会いしてお話してみるのも良いかなと感じられたためです。

私自身が求められると弱い

私自身必要とされると弱いタイプです。

また、女性で同じ人に2回申し込む人はかなり少数派で、それだけで根性がある感じを受けます。

まとめ

お見合いの再申し込みは基本的にダメ元ですが、申し込む人が尽きた場合はせざるを得ません。

  • 前回の申し込みから最低3ヶ月は空ける
  • 前回申し込みから10日経過して流れた人に申し込む
  • 自分がプロフィール写真を変えた時は再申し込みのチャンス

たとえ成立しなくてもリスクは何もないので、年齢を重ねないうちに行動するしかないと思います。

結婚相談所の比較

↓から複数の結婚相談所の資料を無料で取り寄せられます。比較検討材料にどうぞ。

資料請求(無料)はこちら


-婚活ノウハウ

40代男性にお勧めの結婚相談所3選

私自身アラフォーの自営業で、地方で活動しています。地方だと都市圏と比較すると、入会金や成婚料が高い割にサポート力が弱い相談所がどうしても多いです。私自 ...